サルーキ

Pocket






宇宙のすべての知識 プリンシピア

チャンネル登録者数 1.9万人

サルーキ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1514888 / CC BY SA 3.0

#犬の品種
#視覚ハウンド
サルーキは狩猟犬の一犬種。
飼育犬中でおそらく最も古い犬種として知られ、純血種としてその歴史はおよそ7000年溯ることが出来る。
イラクの古代遺跡であるテペ・ガウラに残る彫刻のサルーキが最も古い記録とされている。
サイエンス誌の2004年5月21日号に、DNA鑑定の結果サルーキが最も早くオオカミから別れた犬種の一つであると確認されたという論文が掲載された。
容姿の美しさ、スピード、忍耐力において広く賞賛され、サハラ砂漠からカスピ海まで、数千年の間砂漠の遊牧民とともに中東全域を旅した歴史がある。
その結果様々な色の被毛を持ったサルーキが中東全域で見られることとなった。
外観は、アフリカ原産のアザワクやモロッコ原産のスルーギに似ており、エジプト王家の犬 (Royal dog of Egypt) として知られていた。
スルーギが独立犬種として公認されるまでは、イギリスやヨーロッパ諸国ではスルーギと交配されることが普通に行われていた。
サルーキは美しさとスピードを追求して改良繁殖されたサイトハウンド(視覚ハウンド、視覚が優れた狩猟犬)として知られる。
全犬種中最速であると一般的に思われているグレイハウンドが時速72kmであるのに対し、サルーキはさらに速く時速77kmの最高速度で走ることが出来ると言われている。
グレイハウンドのドッグレースで使用する電動ネズミ(これを追いかけさせることにより、レースを行う)にサルーキが関心を示さないこともあって、実際に競争させるのは困難なためサルーキの方が速いということが証明されているわけではない。
しかしながら本犬種がもともと時速70km以上で走るガゼルを狩る目的に使われたことから、この意見は正しいといえるかも知れない。
FCIスタンダードより抜粋抄訳 スムース(頭部)、フェザード(耳) 全体的に優美でバランスが取れており、優れた身体能力を感じさせる。
サルーキは「サイト(視覚)」ハウンドに分類され、それは獲物を発見、追跡し、捕らえて飼い主のところに運んできたり、見張りを行う能力があることを意味する。
非常に狩猟に有能であるという外観をしている。
サルーキが狩猟をしているときに見られる強い狩猟欲求、獲物を狩り立てる本能、集中力はとても印象的なものであるが、その一方でドッグショーの場ではそのような印象は与えることはない。
サルーキは遺伝子にスムース(直毛の短毛)とフェザード(羽根飾りのような長毛)の二種類の被毛タイプを有する。
スムースは身体全体を覆い、耳、背中、脚、尾はフェザードである。
フェザードの長さや密度には個体差があるが、ショードッグとしてもペナルティの対象にはならない。
フェザードがない個体も認められている。
優れたサルーキは狩猟犬としての能力を保ってはいるが、その外見上はまったく異なって見えるかも知れない。
学習能力は高いが単純な反復訓練には飽きやすいため、トレーニングには短時間に様々なバラエティを取り入れる必要がある。
敏感かつ知的であり、力ずくあるいは手荒く訓練してはならない。
サルーキには定期的な訓練が必要であるが屋内でも静かに訓練することが可能である。
普段はおとなしく理由もなく吠えたりすることはないが、不満を感じたとき、長い間飼育者やその家族と離れていたときなどには、震えるような高音で「歌う」。
この「歌」は家族(群れ)のきずなを求めるときに使われるものであり、訓練次第で「歌」を教えることができる。
サルーキは子供ともよい関係を築きその守護者となることもできるが、飼育者はこの犬種がもの静かな時間を必要とすることを理解しなければならない。
全米獣医師学会によれば、散歩の際にリード(繋ぎ紐)が必須とされている。
サルーキの歴史は7000年に渡る古代遺産ともいえるようなサイトハウンドで、強い狩猟本能を持っているためである。
しかしながらこのことは他の小型犬、猫などの小さなペットとともに過ごせないということを意味しているわけではない。
よく訓練され、穏和なサルーキは様々なペットとともに家族として暮らすことができる。
また、サルーキは跳躍力に優れているため、アメリカのサルーキのクラブである「The Saluki Club of America」では、少なくとも1.5m以上のフェンスで庭を囲むことを推奨している。
サルーキは非常に頑健な犬種である。
気をつけなければならないことは、非常に身体が細いため麻酔薬に対して敏感なことくらいである。
古代エジプトの遺跡のレリーフ 「サルーキ (saluki)」という名前…

Follow me!